京町堀の叔父さんから電話。


はい、もしもし、どしたんスか?




23時頃に鳴る電話は、





たいてい、良い内容では無い。





「今くわぁらぁ、直ぅぐぅくぉぉぉぉぉい」






ウチの筋でも1.2を争う、夜の男である。






この場合、彼が悪いのではなく、





取った私に非があるのである。






タクシーを飛ばして行く先は彼の事務所。





お邪魔しまーす、、、、、、




C70C57A1-ABA4-40B3-BE9B-50D49296C0BE.jpeg




わっ、愚弟のK介や、、、





どーしょーもない2人である。






しかし、なかなか楽しい。






そんな他愛もない話を繰り返し、





2時を過ぎた頃、愚弟は地に沈んだのである。



697EA39D-F440-4AD3-AF29-9885421170FC.jpeg


合掌。


この記事へのコメント